交通事故を起こしたら

自動車はとても便利な乗り物で、日本でも大半の人が自動車免許を取得して生活の中で当たり前のように自動車と付き合っています。


とくに交通網があまり発達していない地域では自動車が必需品ですし、逆に交通網が複雑に入り組んで発達している都市部であっても自動車の量は計り知れません。
自動車をなくしたら私たちの生活は成り立たないと言っても過言ではないほど、自動車に頼っている毎日を送っています。


だからこそ、交通事故へのリスクは高くなります。
警察庁がまとめた統計では10年以上連続で交通事故件数が減少傾向にあるとされていますが、それでも私たちが毎日外出をして何時何処で交通事故にみまわれるか、その危険性は全くないとは言い切れません。
いくら自分が注意していても突然巻き込まれる可能性はありますから、自分は自動車には乗らないとか、自動車は持っていないから事故を起こしようがないといった他人事にしていてはいけません。


自動車での交通事故にみまわれたら、あるいは起こしてしまったら、まず自分は何をしなければならないのか、基本的な知識はきちんと身につけておきたいものですし、万が一の事故に備えて保険に入るなどの準備はしておく必要があります。


交通事故には大きく分けて2種類あり「物損事故」と「人身事故」になります。


物損事故は、人体に損害を与えることはなくても、建物や車体、積載荷物や手荷物などに危害が及んだ場合の事故のことを言います。
壊れたものに対しては全て賠償金が支払われるので、詳細を保険会社に請求する必要があります。

Copyright © 2014 交通事故の知識 All Rights Reserved.